ゆめぴょんの知恵ゆめぴょんの知恵
サイト制作、WordPressカスタマイズ、無料アプリ紹介など。海外旅行135ヶ国。知識を知恵にするブログ!

【WordPress】英語版インストール後に日本語化する方法

英語版WordPressの設定画面

インストールしたWordPressは、アメリカのレンタルサーバーだからか英語版でした。投稿する文章は日本語でも問題なさそうなので、このままでいいかなと思ったのですが。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

(追記:2013.9.30)この記事のバージョンアップ版を公開しています。より分かりやすく解説していますので、もしよければそちらへのアクセスをお願いします。

【WordPress】英語版を日本語化する4段階の設定方法!mo翻訳ファイル更新方法【WordPress】英語版を日本語化する4段階の設定方法!mo翻訳ファイル更新方法

英語版など日本語版以外のWordPressをインストールしていたり、誤ってバージ…

英語なのは管理画面だけということでしょうか。ただ今後、管理画面のスクリーンショットを掲載したりすることがありそうなので、やはり日本語化しとこうと思いました。

英語版WordPressの日本語化の方法

まずインストールしたフォルダ内の「wp-config.php」ファイルを開いて、「WPLANG」を検索。見つけたら次のように修正してファイル保存して下さい。jaは日本語という意味ですね。

修正前:define(‘WPLANG’, ”);
修正後:define(‘WPLANG’, ‘ja’);

次に日本語リソースの必要なファイルだけWordPress.org日本語からダウンロードして下さい。私は次の3ファイルだけで充分だと思ってます。ファイル名の頭の「wp-3.5.x-」等は削除。

ja.mo
admin-ja.mo
admin-network-ja.mo

これらのファイルを、wp-contentフォルダ内の「languages」フォルダへコピー。「languages」フォルダがなければ作成。ここまでの作業後に管理画面を更新するとメニューなどが日本語されてるのを確認できます。

WP Multibyte Patchプラグインのインストール

最後にWP Multibyte Patchプラグインもインストールしましょう。管理画面の左メニュー「プラグイン」から「WP Multibyte Patch」を検索してインストールできます。「有効化」するのを忘れずに!

まとめ:今日のゆめぴょんの知恵

これで日本語化は完了です。

参考:既にインストールしてしまった英語版のWordPressを後から日本語化するには

次回の記事は「ウェブ制作に役立つチップ」の予定です(^^)。更新を見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:【WordPress】インストール後にログインできない場合の対処方法【WordPress】サイトアドレス設定はブログ運営の将来を決める:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム