ゆめぴょんの知恵ゆめぴょんの知恵
サイト制作、WordPressカスタマイズ、無料アプリ紹介など。海外旅行135ヶ国。知識を知恵にするブログ!

プールは運動不足・ダイエットに効果的!効率のよい水泳・水中歩行法

海で1人のビキニ女性

プールでの運動はダイエット、運動不足解消にも効果的です。その運動量やエネルギー・カロリー消費量は陸上の何倍もあるそうです。今回は水泳が苦手な人にも効果的な方法を紹介します。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

今年の夏は暑すぎたため、用事のない日はほとんど外出する気がしなかったです。だから運動不足ぎみなので、何回かプールに行きました。7、8月だけ市民プール代が安くて良かったです。熱中症にも注意しましょう!

【節約・健康】熱中症や脱水症状の予防に!ミネラルドリンクを安く3分で作る方法
【健康】熱中症はこんな人が要注意!原因と予防対策!私も倒れました

世界一周旅行中は早朝から夜の寝る直前くらいまで、貪欲にずっと歩きまわって観光したり、安いホテルを探したりしてたので、歩くための筋肉はかなり鍛えられてたと思います。

その分食べる量も半端なく、パスタ400gを1人で食べても足りなかったり。こんな小さな体でそれだけ食べても太るどころか、昼食をぬくとやせたりしました。今思えば筋肉がついてたため脂肪になりにくかったのかもしれません。

ちなみに私は普段は水泳よりもテニスをよくしています。未経験者でも簡単にはじめられるので、下の記事を参考にしてみてくださいね。

運動・スポーツをはじめるならテニスをおすすめ!球技音痴な私の始め方運動・スポーツをはじめるならテニスをおすすめ!球技音痴な私の始め方

今年こそ運動不足を解消させるぞ!とか、趣味や友達を増やしたいとか、新しいことにチ…

日本に帰国してからもうすぐ3ヶ月が経ちます。毎日の生活が忙しかったり、夏が暑すぎたこともあり、最近は全く運動していません。それで少し不健康ぶりが心配になって、暑い夏でも快適なプールへ。行ってみると気持ちよすぎて何度か通いました。

プールで運動することのメリット

  1. ダイエットになる。やせる
  2. 運動不足を解消できる
  3. 浮力により腰・ひざ・足への負担が小さい。下半身の筋肉つきすぎを防ぐ
  4. 水の抵抗に対して全身を使う有酸素運動で、消費カロリーが高い
  5. 水圧により血流や代謝が良くなる
  6. 水流マッサージにより、皮下脂肪を燃焼させる。くびれ効果も
  7. 浮遊感によるリラックス効果やストレス解消
  8. 足のむくみが解消される
  9. けのびにより体幹が鍛えられ姿勢もよくなる。肩こり解消も
  10. プールから上がった後も体温調節のためにカロリー消費が続く

上であげた効果はほんの一部だと思います。ネットで調べた情報ばかりです。情報元はテレビの情報番組や書籍ですが、ネットには残っていないか調べきれませんでした。「All About」の情報だけはこの記事一番下にリンクを貼っておきます。

プールでの効果的な運動方法

まず結論から書きます。最も効果的なプールでの運動法は「泳げるなら泳ぎ、泳げないか疲れてきたら歩く」です。これは私が考えた方法なので、もっと効率的なのを知ってる人は教えてください。

もちろん一番効果的な運動はやはり「水泳」です。しかも速く泳いだ方がカロリー消費量も多いし、同じ時間での運動量も多いです。泳ぎ慣れてる人はひたすら泳ぐのが良いでしょう。

しかし慣れていない人がいきなり泳ぎ続けることは難しいし、逆に体や筋肉などに負担をかけることになるので要注意です。私も初日は腕が疲れすぎて、数日間上がらなくなるほどでした。足に比べると腕は普段使ってないんですよね。

それに一気に泳いで疲れて、プール端やプールサイドで休んでいる人をよく見かけます。15分泳いで5分休む感じです。私も最初は「泳いで」「休んで」を繰り返していました。ところがもっと効率的な運動法に気づきました。

もちろん疲れたら休むことは重要です。しかしただ止まっり座って休むのではなく、水中歩行しながら休む方がお得ですよ。水泳ほどではないけど、水中歩行も陸上に比べると運動量が多いです。

ただし本当に疲れている場合は、無理しないで休むか運動を終えるようにしてください。水分補給も必要です。水泳後はいつもより多めの食事も必要だそうです。それだけカロリー消費が高いからです。

図解:私の考えた最も効率的な水泳・水中歩行の方法

プールでの効率的な運動方法

上図のとおりです。浅い所では泳ぎ、深い所では歩く。このパターンが一番、運動量が大きい気がします。もちろん全然泳げないなら、ずっと歩いてもそれなりの運動量にはなります。

少し体力のある方は、歩く時も足を前へ投げ出してから「かかと落とし」のように下へ落とす動作をするとさらに効果的らしいです。

泳げるなら歩かずにどんどん泳ぎましょう。疲れて歩くなら、なるべく中央の深い所を歩きます。歩きながら休みます。そして浅い所にきて体力があるなら泳ぎましょう。この繰り返しが最も効率的だと思います。

まとめ:今日のゆめぴょんの知恵

私の通ってる屋内市民プールは安いけど、2時間制限なので泳いで休むを繰り返してるとすぐに時間になってしまいます。だから休む時間を水中歩行に変えてみました。その方がプールから上がった後の疲労感は大きい気がします。

ただし普段運動をしていない人などは、翌日の仕事にも影響を与えかねないので、土日休みの場合は土曜日に行くことをすすめます。ゆっくり体を慣らしていく方が長続きもします。

まだ暑さは続くので、運動不足を感じている人、ダイエットしたい人などはプールに行ってみてはどうでしょうか。歩くだけでもいい運動になるので、ぜひおすすめです。

なお今回の記事は下サイトも参考にさせていただきました。興味ある方は読んでみてください。

水泳のダイエット効果と実践方法 [パーツ別ダイエット方法] All About

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。 では、ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:【節約・時短】電動バリカンで髪をカットする3つの訳と選ぶポイント不要Cookieはクリアでセキュリティ安心!Choromeなどブラウザの簡単な設定方法:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム