ゆめぴょんの知恵ゆめぴょんの知恵
サイト制作、WordPressカスタマイズ、無料アプリ紹介など。海外旅行135ヶ国。知識を知恵にするブログ!

【Web制作】カテゴリーとタグの違いと使い分ける4つのルール

ブログのカテゴリーとタグ一覧

ブログ記事のカテゴリーやタグの使い分けはSEO対策のためにも、ブログを開設してなるべく早い時期に決定すべきです。今回は親カテゴリーやタグの違い・分類方法について考えてみたので共有したいと思います。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

考え方は人によっていろいろだと思いますが、私が考えるカテゴリーとタグの違いは次のとおり。

私の考えるブログのカテゴリーとタグの違い

  • カテゴリーは本当に大きなジャンルのくくり。大分類。
  • カテゴリーには親子のような階層構造を作れる。子カテは中分類。
  • タグはカテゴリーをまたぐジャンル。中分類、小分類。
  • タグは記事内のキーワード

カテゴリー・タグの使い分け方法

カテゴリーは複数設定できる他、親子のような階層構造を作ることも可能です。タグも複数設置できますが、階層や関連を持たせることはできません。

このルールだけでカテゴリーとタグを設定していってもいいですが収集つかなくなってきます。理想としてはもう少しルールを縛る方がブログ読者にもわかりやすいジャンルわけ、分類わけが可能だと思います。

私の考えたカテゴリー・タグを使い分ける4つのルール

  • カテゴリーは記事1件につき1つだけ設定
  • 親カテゴリーは設置しない。1層構造のみ
  • タグは記事1件につき通常1つ。最大3つくらいまで
  • タグはカテゴリーを横断するキーワードを中心に設置

1記事に複数カテゴリーを設定しない理由は明白です。大ジャンルが複数あるのはおかしいからです。大ジャンルはあくまでも1つです。

もう1つの理由はパーマリンクURLにカテゴリー名を含める場合に1つしかカテゴリーを選べないからです。2つ選ぶとSEO的にはマイナスです。私のブログはパーマリンクにカテゴリー名を含まないので関係ありませんが。

次にカテゴリーに親子の設定をしない理由です。それはタグを使うことにしたからです。私の考えではタグは中分類・小分類的なキーワードとして設置するため、同じ中分類の子カテゴリーの設置は分類として重複してしまいます。

だから、親子カテゴリーを設定するならタグは使用しない方がロジカルだと思います。もちろんこの考えは私だけのものです。カテゴリーに親子の階層をつけて、タグも別に設定するというルールもブログによってはありでしょうね。

タグを3つくらいに絞るのは、記事数が少ないタグを作りたくないからです。「コアラ」ってタグを設定してもその中に2記事しかなければ分類わけした意味があまりないかなと思います。個人的には1タグに最低5記事はほしいです。

タグにカテゴリーをまたぐキーワードを設定する理由は、それがタグの存在意義だと思ってるからです。現時点での私のブログで「WordPress」カテゴリー内に「WPプラグイン」タグを作ってもほぼ重複してしまいます。

例えば「SEO」タグの存在意義は「Web制作」カテゴリー以外にも「WordPressカスタマイズ」カテゴリーにも該当記事があるためです。

ただし、カテゴリー内の記事が50件とか100件を超えるようになってくると、子カテゴリー的な中分類のタグが必要になるかもしれません。それはまたその時にでも考えるつもりです。

カテゴリー・タグの使い分け具体例

上のように考えてますが、まだはじめたばかりのブログなので将来どうなるかは全く想像できてません(^^ゞ。いちお、上のルール縛りを使って簡単な例を考えてみました。

旅行系ブログの場合
  • カテゴリー:訪問国(日本、アメリカ、中国、タイ、イタリア等)
  • タグ:世界遺産、遺跡、自然、歴史的建造物、ショッピング等

まずカテゴリーの訪問国は大分類には適してます。

「世界遺産」はカテゴリーを横断するため子カテゴリーでは表現できずタグに適します。遺跡も自然も同様です。「遺跡」であっても「世界遺産」と「世界遺産以外」のものがあるので階層では表現できず、タグが適しています。

上とは逆に「世界遺産」というカテゴリーを作ってもいいかもしれませんが、代わりにタグで「日本」「タイ」…が必要になります。すると訪問国の数だけタグが増えるのであまりスマートだとは思えまえん。

あと上の場合は記事作成時に注意点があります。訪問国はどれか1つだけ選べるように記事を書く必要があります。

例えば「イグアスの滝」の観光について「ブラジル」側と「アルゼンチン」側の両方について1記事内で書いてしまうと、カテゴリーにどちらかを選べばいいか迷います。だからこのような場合は可能な限り記事をわけた方が混乱は少ないと思います。

まとめ:今日のゆめぴょんの知恵

以上、大したことない事をぶつぶつと述べてみました。たぶん答えは人によっても変わるし、ブログの取り扱うジャンルによっても変わりますので、私が今考えてみたことの備忘録にしかならないかも知れません。

(2013.9.3追記):カテゴリーを階層化しはじめます。タグも少しづつ吸収していきます。くわしくは下の記事を読んでみてください。

【WordPress】カテゴリー階層の構造化でSEO対策!取得コードもすっきり【WordPress】カテゴリー階層の構造化でSEO対策!取得コードもすっきり15 shares

ブログ記事が増えてきたのでSEO対策もかねてカテゴリーを階層化しました。カテゴリ…

カテゴリー・タグの使い分けと同様にブログ開設後なるべく早く決定すべき事項として次のような項目もあります。ご参考にしてください。

次回の記事は「ウェブ制作に役立つチップ」の予定です(^^)。更新を見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:WordPress Popular Postsプラグインでサムネイル付き人気記事一覧を表示する方法【Web制作】5分で作成!読者をひきつけるアイキャッチやスクショ編集方法:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム