Google+やYouTubeやFeedlyのボタン設置者へ!新しいコードやURLに変更しよう

SNS対策/SMO/RSS

驚く女性。Google+,YouTube,feedlyボタン変更で

Google+1ボタン、Google+ページのバッジ、YouTubeフォローボタンが表示されなくなりました。今回はその原因と解決方法だけでなく、Feedlyリンク設置者のための新しいURLも紹介します。

ゆめぴょんです。こんちはっ(^^)/

先日の記事で、自作のWordPressテーマ・デザイン(テンプレート)を更新したことを書きました。下記事を参考にしてください。

その数日後に、ソーシャルボタンの一部が表示されなくなりました。最初は自作テーマのせいかと疑ったのですが、原因は別のところにありました。

過去記事でもソーシャルボタンなどが表示されない事象について書いてますが、今回はそのどれにも当てはまりませんでした。

Google+関連やYouTubeボタンが表示されない原因とは?

結論から言うと、無料CDNサービスのCloudFlareのRocketLoader機能をオンにすると表示されなくなりました。もしかすると他の要因も影響してる可能性もあるのでどの環境でも再現できるかはわかりません。

私はずっとCloudFlareをオフにしてたのですが、今回の自作テーマは少し高速化を犠牲にしたため、試しにCloudFlareとRocketLoaderをオンにしたのです。ちなみに導入時の様子や注意点は下記事を参考にしてください。

すぐに原因はわかったのですが、CloudFlareのRocketLoader機能を使う設定のままで、Google+やYouTubeボタンを表示する方法がないか調べたら簡単に見つかりました。各種ソーシャルボタンの貼り方は下記事を参考にしてください。

Google+のコードURLを変更しよう。ついでにFeedlyも

原点に戻って、Google+1ボタンの設置ページを確認したら、スクリプトコードが以前のから変更されてました。いつからでしょうか?上の過去記事には新しいコードを追記しています。

ただ互換性は保たれてるので、通常は急いで変更する必要はありません。これから作るブログやWebサイトの場合は、新しいスクリプトコードを使った方がいいでしょう。

Google+1ボタン・YouTubeバッジの新旧コード

Google+1ボタン、Google+ページのフォローボタン各種だけでなく、YouTube(ユーチューブ)のフォローボタンも、全て共通のスクリプトファイルです。ボタンを複数設置する場合も、スクリプトファイルは1つだけにした方が高速化できます。

新しいGoogle+のJavaScriptコードは下のとおりです。

ちなみに、旧コードは「platform.js」が「plusone.js」でした。

私は高速化のために、SNS/ソーシャルボタンを1つにまとめていますので、「plusone.js」を「platform.js」に変更しただけです。下記事を参考にしてください。

Feedlyリンクの新旧URL

ついでに今年あたりから変更になった、Feedlyへのリンクも修正しておきましょう。feedlyの場合はボタンはそのまま表示されてるので、自分でクリックしないと気づけませんね。

Feedlyの新しいリンク先は下のとおりです。

RSS FeedのURLは、例えば私のこのブログでは、http://wispyon.com/feed/ です。

feedlyの旧リンク先は、下のとおりでした。このURLでもfeedlyへは行けますが、RSS登録してもらうには1ステップ必要になるため、コールトゥアクションを重視するなら、すぐに新しいURLに変更するのをオススメします。

feedlyの新リンク先については、今村さん(@s56bouya)のブログでも紹介されています。

Feedlyの購読用ボタンを押しても、購読画面に移動しない。いつのまにか変わっている気がする。なので変更しました | 今村だけがよくわかるブログ

まとめ:今日のゆめぴょんの知恵

feedlyについてはすぐ修正した方がいいでしょう。Google+、YouTubeに関しても新しいコードの方が最適化されてる可能性もあるため、思い出した時に変更することをオススメします。

ゆめぴょんでした。ちゃおっ!

タイトルとURLをコピーしました