ゆめぴょんの知恵ゆめぴょんの知恵
サイト制作、WordPressカスタマイズ、無料アプリ紹介など。海外旅行135ヶ国。知識を知恵にするブログ!

WordPressでパーマリンクURLからcategory削除!プラグインWPML compatible

カテゴリページURLをシンプルに化粧直し

WordPressプラグイン「WP No Category Base – WPML compatible」は、カテゴリーページのパーマリンクURLから「category」を除いてシンプルにできます。このプラグインを選んだ理由も解説します。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

このブログも記事が増えてきたので、カテゴリーの統廃合や新規追加などを実施しました。ついでにいつかやろうと思ってた、カテゴリ一覧ページのパーマリンクURLについても、シンプル化しました。

ちなみにWordPressでのカテゴリーの活用法については、下の記事も参考にしてみてください。

WordPress標準のカテゴリページのURL構造とは

WordPressの標準状態では、カテゴリーページのパーマリンクURLは次のようになります。

http://*****.com/category/seo/

すなわち「category/」が含まれてしまいます。私も最初は違和感なかったのですが、親子カテゴリーなどを設定したら、URLの階層が深くなるため「category/」は削除することにしました。

URLから「category」を除くことにより、SEO対策になると書いてるブログもありますが、今はそれほど効果ない気がします。Googleはより文脈を読み取れるように進化してるため、やはり記事の質の方が重要だと思います。

パーマリンクURLからcategoryを除くプラグインを比較

ネットで検索すると、WordPressのカテゴリーページから「category」を除くプラグインは、いくつも見つかります。私が候補にしたのは下のとおりです。

  • WordPress SEO by Yoast
  • FV Top Level Categories
  • WP No Category Base
  • WP No Category Base – WPML compatible

「WordPress SEO by Yoast」は有名なSEO対策プラグインですが、WordPressの最新バージョンでは、category削除の機能が使えなくなったようです。

「FV Top Level Categories」「WP No Category Base」はcategory削除の専用プラグインです。しかし2ページ目以降や日本語のカテゴリの場合に、不具合が発生することがあるようです。

しかも「WP No Category Base」プラグインは2年以上も更新されていないため、WordPressがバージョンアップすると使えなくなる可能性もあります。

そんなわけで「WP No Category Base – WPML compatible」を選びました。変更後のリダイレクト処理も問題ありません。

WP No Category Base – WPML compatibleのインストールと設定

同じような名前のプラグイン「WP No Category Base」もあるので間違えないようにしてください。今回は「WP No Category Base – WPML compatible」をインストール/導入します。

インストール/導入方法

WordPress管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」で検索しても見つかりますが、古いバージョンしか出てこないため、下ページからダウンロードするのをオススメします。

mines/no-category-base-wpml · GitHub

最新バージョン1.1.5は、2013年12月に更新されたようで、WordPress3.8にも対応しているようです。ページの右の「Download ZIP」ボタンを押すとダウンロードできます。

ダウンロード後は、WordPress管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」から「アップロード」をクリックして「ファイルを選択」ボタンを押して、先ほどダウンロードしたファイルを選択してください。有効化するのも忘れずに。

設定方法

設定は不要です。設定画面もありません。インストールして有効化するだけで、すぐにカテゴリーページから「category」が除かれます。

変更前のカテゴリーページURLからは、ほぼ適切にリダイレクトされます。

パーマリンクURL変更後にやった方がいいこと

旧URLからのリダイレクトは問題ありませんが、念のために2ページ目以降などについても確認しましょう。

同じタイミングでカテゴリー構造を変更した場合などは、今まで存在した「10ページ目」がなくなり「8ページ目」までになることもあります。その場合は下プラグインなどで、適切にリダイレクト処理しましょう。

Redirectionsはリダイレクト転送のWordPressプラグイン!誤投稿やパーマリンク変更にRedirectionsはリダイレクト転送のWordPressプラグイン!誤投稿やパーマリンク変更に

ドメインやパーマリンク(URL)を変更した後もGoogleなど検索エンジンの評価…

【Web制作】カテゴリ・タグの整理と301リダイレクト転送設定でSEO対策【Web制作】カテゴリ・タグの整理と301リダイレクト転送設定でSEO対策

パーマリンクURL変更時だけでなく、カテゴリやタグを整理した後にも301リダイレ…

内部リンクについても、カテゴリーページのURLから「category」を削除しておきましょう。下プラグインを使えば、簡単に「category」を含む場所を検索できます。

【WordPress】Search Regexプラグインは一括検索や置換で過去記事を活用できる【WordPress】Search Regexプラグインは一括検索や置換で過去記事を活用できる

WordPressプラグイン「Search Regex」は、ブログ記事の内容・タ…

まとめ:今日のゆめぴょんの知恵

今回の記事内容をざっくり言うと。

  • WordPressプラグインで簡単に「category」を除ける
  • 「category」を除いてのSEO対策効果はそれほどなさそう
  • 更新頻度でWP No Category Base – WPML compatibleを選定
  • パーマリンクURL変更後のリダイレクトや内部リンク変更も大切

次回の記事は「ウェブ制作に役立つチップ」の予定です(^^)。更新を見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:WordPress Popular Postで人気記事が表示されない問題を解決!jQuery軽量化もシェア数を高速表示!WordPressプラグインSNS Count CacheのDBキャッシュはAPIより速い:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム