ゆめぴょんの知恵ゆめぴょんの知恵
サイト制作、WordPressカスタマイズ、無料アプリ紹介など。海外旅行135ヶ国。知識を知恵にするブログ!

WordPressショートコード共有!過去記事リンクをデザインしてSEO対策とPVアップ

過去記事を活用する女性

ブログ内での過去記事リンクは、訪問者にも役立つし内部リンクとしてSEO対策にもなります。今回はURLのみで簡単にサムネイル付きリンクを生成できる高機能ショートコードを紹介します。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

内部リンクは関連記事を読者に紹介するだけでなく、SEO対策としても注目されています。その理由は外部リンクによるSEO効果が、以前より弱くなっているからです。

内部リンクの種類や方法については、下記事にまとめていますので参考にしてください。今回は下記事で紹介しなかった、記事内での過去記事リンクについてです。

【WordPressまとめ】内部リンクのいろいろ設置方法!SEO対策やPVアップのために【WordPressまとめ】内部リンクのいろいろ設置方法!SEO対策やPVアップのために

WordPressでは様々なナビゲーションにより訪問者が記事を探す手助けをできま…

【WordPress】ページネーションの自動生成でSEO対策!プラグイン不要【WordPress】ページネーションの自動生成でSEO対策!プラグイン不要14 shares

WordPressプラグインを使わずに、ページネーション(ページャー)リンクを設…

ちなみに上の過去記事リンクは下のように書いてるだけです。自動でサムネイル画像もつけて、記事下・サイドバーの人気記事一覧には重複表示されなくなります。記事直下に過去記事一覧も表示されます。

(かっこは全角に代えています)

内部リンク設置によるメリット

過去記事や、関連記事、人気記事一覧などによる内部リンクには、次のメリットがあります。

  1. 関連ある過去記事を紹介して、訪問者の問題解決を手助けできる
  2. 関連記事リンクにより、訪問別PV・回遊率アップ、直帰率の低下を見込める
  3. 内部リンクにより、Googleのインデックス化を促進し、SEO対策になる

内部リンクによるSEO効果については定量的に図れませんが、少なくともクローラー(Googleの偵察ロボット?)が巡回してくれる機会を、増やすことは出来そうです。あとはコンテンツ品質での勝負になります。

今回の記事では、ただ単純に内部リンクを貼るだけではなく、関連記事一覧の重複リンクをなくす方法についても共有します。

内部リンク以外のSEO対策については、下記事も参考にしてみてください。

【WordPress】SEOやソーシャル対策に効く10項目を見なおしてPVアップ【WordPress】SEOやソーシャル対策に効く10項目を見なおしてPVアップ

WordPressで作成したブログはSEO対策に強いとも言われますが、標準設定の…

今回実現できる過去記事リンクの機能一覧

過去記事リンクは、どのブログでも貼っていますが、私はもう少し踏み込んで、こだわりを追求してみました。下のような機能をつけました。

  • ショートコードで、URLのみ記述するだけ
  • 複数リンクはカンマ区切りで。記事数の制限なし
  • 2記事まではサムネイル画像と説明文付きで大きく表示
  • 3記事以上の場合は、リスト形式でタイトル名とリンクのみ
  • 記事直下に、紹介した過去記事一覧をまとめて表示
  • 紹介した過去記事は、サイドバーと記事下の人気記事に重複表示しない

URLのみで過去記事リンクを作れると楽です。ブックマークレットなどを使う必要もなくなります。リンクする記事を開かなくても、左クリックでURLをコピーするだけで実現できます。

複数の記事を同時に紹介する時も、カンマ区切りで簡単です。3記事以上の場合は、コンテンツを邪魔しないよう、自動的にリスト表示になります。

紹介した過去記事は、一番下にまとめて表示しているので、戻ってクリックする手間をはぶきます。

記事内で紹介した過去記事は、サイドバーなどの人気記事一覧では表示しないように除いています。より多くの関連記事を、訪問者とGoogleに紹介できるのはメリットだと思います。

過去記事リンクの高機能ショートコードの設置方法

設置といっても、ほぼコピペで対応できるはずです。色やサムネイル画像の大きさについては、CSS(スタイルシート)で変更してください。

ショートコードの簡単な作成方法は、下記事を参考にしてください。

【WordPress】はじめてのショートコード作成&設置方法!内部リンク装飾【WordPress】はじめてのショートコード作成&設置方法!内部リンク装飾

WordPressのショートコードをはじめて作成しました。思ってたより簡単でした…

テーマファイル「functions.php」を編集します。WordPressで最重要ファイルです。修正前には必ずバックアップをとってください。もし問題が起こったらすぐ元に戻してください。全て自己責任でお願いします。

下のソースコードを、WordPressのテーマファイル「functions.php」にコピペしてください。

私が利用しているスタイルシートは下のとおりです。あなたの好みで修正してください。テーマファイル「single.php」か「style.css」にコピペしてください。style.cssにコピペする時は、1行目と最終行は削除してくださいね。

過去記事リンクのショートコードの使い方

過去記事リンクを貼りたい場所に、下のようなショートコードを書くだけです。「u=””」の中にリンクURLをカンマ区切りで入力してください。

ちなみに下のコードでは、カッコとダブルクォーテーションは半角に変換してくださいね。

あと、コンテンツ一番下に、紹介した過去記事リンク一覧を表示したい場合は、下のショートコードを書くだけです。記事内でもいいし、テーマファイル「single.php」などの好きな場所に書いてもいいです。

カスタマイズ方法

上のソースコードは、あくまでも私のブログデザインのものなので、自由に修正を加えてください。

サムネイル画像のサイズは、1行目の「add_image_size」と、21行目のarray(96,72)の値と、CSSのn-imgを統一して修正してください。

サムネイル画像が見つからない場合は、デフォルト画像を設定できます。7行目の「$img0 = “”;」に画像URLを入力してください。入力がなければ何も表示しません。

過去記事の説明文は、WordPressの抜粋から取得しています。抜粋に設定してない場合は、説明文は表示されません。

はてなブックマークを表示しない場合は、27行目を修正してください。

人気記事一覧との重複を回避するには、上でグローバル変数としてる「$ex_nid」を使ってください。過去記事のidがカンマ区切りで入力されています。

例えば、私が新着・人気記事の重複をなくす方法として紹介した下記事のコードでは、「$ex_id」に「$ex_nid」を代入するだけで実現できます。利用先でも「global $ex_nid;」を忘れずに。

コピペでOK!WordPress Popular Postsで新着と重複なしのカテゴリ別サムネイル付の人気記事表示コピペでOK!WordPress Popular Postsで新着と重複なしのカテゴリ別サムネイル付の人気記事表示33 shares

WordPressプラグイン「Popular Posts」で、カテゴリー別のサム…

WordPressの人気記事一覧表示プラグイン「Popular Posts」を使う場合も、「pid」のパラメータに「$ex_nid」を代入するだけで、内部リンクの重複を避けることが可能です。

まとめ:今日のゆめぴょんの知恵

今回の記事内容をざっくり言うと。

  • 過去記事リンクは、訪問者にもやさしくSEO対策にもなる
  • 過去記事URLだけで、リンク生成できるショートコードを紹介
  • 複数リンク設置も可能。3つ以上ならリスト形式にする
  • 記事直下に、紹介した過去記事一覧をまとめて表示
  • 紹介した過去記事は、関連・人気記事と重複表示しない

次回の記事は「ウェブ制作に役立つチップ」の予定です(^^)。更新を見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:保存版!Googleウェブマスターツール/Search Consoleの使い方はSEOの第一歩【WordPress】オリジナルSNSボタン設置方法!スマホ用シェア数つきSNSアイコンも公開:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム