ゆめぴょんの知恵ゆめぴょんの知恵
サイト制作、WordPressカスタマイズ、無料アプリ紹介など。海外旅行135ヶ国。知識を知恵にするブログ!

【WordPress】Smart update pingerプラグインでPing機能強化する方法

通知する女性

「Smart update pinger」はWordPressのPing送信機能の欠陥をいくつか補ってくれるプラグインです。現在はWordPress管理画面からはインストールできないようなので、その方法やメリットを紹介します。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

このブログ開設当時は「WordPress ping Optimizer」というプラグインを利用していました。しかしWordPressを3.6にバージョンアップ後に、Ping自動更新がされなくなったので「Smart update pinger」に乗り換えました。下の記事にも書きました。

【WordPressまとめ】ブログ更新情報を速く伝えるための通知方法【WordPressまとめ】ブログ更新情報を速く伝えるための通知方法

ブログの更新情報を伝える機能には、RSSフィード、Ping送信、Pubsubhu…

そして最近、下の記事を読まれた方から「Smart update pinger」のインストール方法を聞かれました。私も忘れていましたが、このプラグインは通常方法では見つけられないことを思い出しました。

WordPressプラグインで利用してた29をまとめて紹介!やめた一覧もWordPressプラグインで利用してた29をまとめて紹介!やめた一覧も

現時点で利用しているWordPressプラグイン一覧と、やめたプラグイン(簡単に…

WordPressのPing機能の欠陥について

バージョン3.7でも、次のような部分がまだ改善されていないようです。

  1. 記事を公開した時だけではなく、更新(修正)時にもPing送信してしまう
  2. Ping送信リストにダブリがあった時、重複送信されてしまう
  3. Ping送信済の一覧や成功・失敗についてのログが残らない
  4. セルフPing(自分サイトへの内部リンクに対するPing)も送信されてしまう

「1」が問題になるのは、誤字脱字を修正した時でさえPing送信されてしまうことです。短い間隔での連続Ping送信はスパム扱いされることもあるため、WordPress側で早く改善してほしいですね。「2」もスパムになりえます。

これら欠陥のうち1〜3の機能を補ってくれるのが、今回のプラグイン「Smart update pinger」です。ちなみに「4」のセルフpingについては下記事で紹介した「WP Total Hacks」でカバーできます。

【WordPress】WP Total Hacksはセルフピンバック,リビジョン停止など多機能プラグイン【WordPress】WP Total Hacksはセルフピンバック,リビジョン停止など多機能プラグイン

WordPressプラグイン「WP Total Hacks」は細かい機能を1つに…

「Smart update pinger」のインストール方法

通常プラグインは、WordPress管理画面「プラグイン」→「新規追加」で検索すれば見つかるのですが、「Smart update pinger」はなぜか登録されていません。そこで下のサイトから直接ダウンロードします。

Smart update pinger | :: plasticdreams ::

ちょっと古く、しかも英語版しかなかったプラグインを日本語訳してくれたようです。記事の上の方に「日本語化版」のリンクがあるので、右クリック(Macは2フィンガータップ)して「リンク先を別名で保存」してください。ただのクリックだとうまくいきません。

ダウンロードしたZIPファイルは解凍してください。すると1つのファイル「smart-update-pinger.php」になります。

WordPress管理画面「プラグイン」→「新規追加」を開いて、上の「アップロード」をクリックして「ファイルを選択」ボタンを押します。さきほど解凍したPHPファイルを「いますぐインストール」してください。有効化も忘れずに!

「Smart update pinger」の設定&利用方法

WordPress管理画面の「設定」→「Smart Update Pinger」をクリックすると設定画面になります。

Ping送信先は、WordPress管理画面の「設定」→「投稿設定」で入力している送信先と連動しています。どちらかを編集して保存すれば、もう一方も更新されるようです。Ping送信先は下の記事を参考にしてください。今もまだ有効です。

Ping送信先の一覧!2014年4月版。WordPressブログのgoo設定方法も解説Ping送信先の一覧!2014年4月版。WordPressブログのgoo設定方法も解説30 shares

2014年4月時点のPing送信先一覧リストを公開します。昨年の記事で紹介したP…

Ping送信先を編集した後は必ず「設定を保存」ボタンを押してください。その横の「いますぐPingを送信!」ボタンを押せば、記事を公開していないタイミングでもいつでも強制送信できます。ただし記事更新がないなら1日1回にしておきましょう。

「ping 送信を有効にする」にチェックを入れて「設定を保存」すると、次回の記事公開時から自動的にPingサーバーへ送信してくれます。記事を編集(修正)した時には、Ping送信されなくなります。

そしてPing送信後は、ログを見ることができます。下の「Ping 送信ログ」です。ここで「失敗」を繰り返す送信先は、はずした方が投稿処理もスムーズになります。

まとめ:今日のゆめぴょんの知恵

プラグイン登録されていないので最初は心配だったのですが、Google検索してみると多くの方が利用しているようなので、しばらく様子見で試用しました。もちろん今のところ全く問題ありません。

今月からエックスサーバーに移ってので、いくつかプラグインを見なおしています。はずしたプラグインについては、あらためて記事で報告したいと思っています。

【WordPress】エックスサーバーへ乗り換え・移転!ドメインやDB設定方法【WordPress】エックスサーバーへ乗り換え・移転!ドメインやDB設定方法

今月に入ってから、アメリカの「Bluehost」から「エックスサーバー」に引っ越…

先月まで利用していたプラグイン一覧は下の記事を参考にしてみてください。今回の記事も追記しておきます。

WordPressプラグインで利用してた29をまとめて紹介!やめた一覧もWordPressプラグインで利用してた29をまとめて紹介!やめた一覧も

現時点で利用しているWordPressプラグイン一覧と、やめたプラグイン(簡単に…

次回の記事は「ウェブ制作に役立つチップ」の予定です(^^)。更新を見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:【WordPress】Crazy Boneプラグインでログイン履歴確認!不正アクセスが恐怖すぎる【WordPress】Category Orderでカテゴリ表示の順番変更が自由自在に:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム